Slider

Slider


「すべてが止まったのなら、すべてを見直すことができる。」
(ブルーノ・ラトゥール フランス哲学者・人類学者)

 アフターコロナの時代は大きく変わる契機になります。
 国(中央政府)と地方自治体(地方政府)の関係性の変化は、言うまでもなく地方政府である我々自治体の有り様も大きく変えます。
 「デジタルトランスフォーメーション」といわれる技術が、この機に一気に広がる事になると思われます。行政も市民生活もデジタル化を避けては通れないでしょう。
 超少子高齢化社会・アフターコロナ・デジタルトランスフォーメーションという複雑多様化する社会をどのような方向に進めるべきかは、もはや「行政主導」では立ち行かなくなると考えます。

住民の自立・自律・自由を基に、行政と住民の協働によるまちづくりを追求していくべきです。次代の流れを感じ、それらを住民と共有し進むべき道を決めていく。それが行政の新たな型になっていくのではないでしょうか。

私は過去の四年間の実績に囚われることなく、コロナ禍によって大きく変わる時代の流れを感じ、大胆に変革をし、「子どもたちの笑顔と未来を確実なものにしていく覚悟」をもって臨みます。

守谷市長 松丸 修久

2期目に向けて4+1 のもりやビジョン
時代を変える! 次代を創る! ~アフターコロナの時代へ~

子育て王国もりや

いきいきシニア王国もりや

「地域主導」「住民主導」のまちづくり

スマート デジタル王国もりや

「王国もりや」の未来創り

全国に誇れる住みよさランキング上位の守谷市を目指して
SDGs について
「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のための17の国際目標。 右のサークルは17目標のそれぞれの色を表したものです。

コロナ対策

松丸修久(まつまるのぶひさ)の実績

守谷市へのふるさと納税はどのくらいありますか?

昨年度は14億円を超えました。

下のグラフにありますように、納税額は年々伸びております。
シティープロモーションと連動して市長としてトップセールスをしたり、市内事業者のご協力を得て返礼品等にも工夫をしております。

 

守谷市へのふるさと納税額の推移
MENU